ヴィクトリアマイル

NHKマイルは皐月賞に続いてもう一回狙ったコパノリチャードが直線粘れず惨敗。散々な結果でした・・・さて、今週の舞台も先週と同じく東京1600mのヴィクトリアマイル。どの有力馬にも勝つチャンスがあるようなメンバーだ。◎イチオクノホシ。久しぶりの穴予想となった。成績は地味だが、馬体重は3歳時の430キロ台から順調に成長して、木曜日の時点で465㎏。前走の上がり3ハロン33.2秒が東京でさらに生きる。〇ヴィルシーナ ▲サウンドオブハート △レインボーダリア ×アドマイヤセプター ×メーデイア 馬券は◎の単勝と3連複を少々。自信はあまりありません・・・

NHKマイルカップ

春競馬もクラシック序盤が終わり、中盤に差し掛かろうとしているが、ようやく、ブログを更新できそうです。とはいうものの、十分な時間をかけていないので心もとない予想ですが、ボチボチ頑張ります。さて、今年のNHKマイルだが、マイル路線で圧倒的な強さを誇るディープインパクト産駒が不在。さらに、朝日杯上位馬も不在。NZトロフィー1着のエーシントップの一番人気は当然だろう。しかし、皐月賞で狙って沈んだ◎コパノリチャードをもう一度狙いたい。昨年、逃げ脚質のカレンブラックヒルを嫌って痛い目にあったこともあるが、それ以上にマイル得意のディープ産駒が不在であればダイワメジャー産駒にチャンス到来とみるべきであろう。〇エーシントップ、▲ガイヤースヴェルト、△レッドアリオン、×には連勝中のシャイニープリンス、インパルスヒーローを指名したい。馬券は、コパノリチャードの単勝・複勝、◎を軸に〇▲△××の三連複を少々。皆さんの健闘を祈ります!

有馬記念

いよいよ1年を締めくくる有馬記念だ。オルフェーヴルとジェンティルドンナの回避は残念だが、2冠馬ゴールドシップを含むG1馬7頭が出ており、決してレベルは低くはないメンバーだ。◎ゴールドシップ、〇ルーラーシップ、▲エイシンフラッシュ。物凄く普通の予想になってしまった。◎は予定通り。キングカメハメハ産駒の〇を切りたいところだが、潜在能力と実績が伴ってきており外すことはできない。▲は展開に注文がつく。特に今回、◎がロングスパートをかけてペースが上がるとジャパンカップと同様にギアが変わらない可能性はあるが、能力から鞍上の手綱捌きひとつで逆転までありうるか。△スカイディグニティ、△ナカヤマナイト、△ダイワファルコン、△トレイルブレイザーまで。ダンスインザダーク産駒のダークシャドウは、どうしても中山2500メートルのイメージと異なり無印。来たらしょうがない。馬券はまだ未定だが、◎〇▲の単勝・馬連と△4頭を絡めた3連単または連複を少々かな。1年を締めくくるレース。皆さんの健闘を祈ります!!

ジャパンカップ

いよいよジャパンカップだ! 先週のマイルチャンピオンシップはサダムパテックの単勝をゲットしたし、今回も頑張りたい。今年のジャパンカップは、馬券的には一にも二にもオルフェーヴルをどう扱うかに限ると思う。今や世界が認めるトップホース。万全の態勢なら当然中心と考えるが、凱旋門賞で目一杯の仕上げだったことから、今回は中心視しないことにした。◎ルーラーシップ。その能力は認めながらも、レースぶりが毎度大外を周ることが多いため、多頭数のG1では勝ち味に遅いのが最大の欠点だ。今回は、できればスタートを決めて、香港クイーンエリザベスのように好位から抜け出すことができれば、勝利にかなり近づけると思う。〇フェノーメノ。安定したレースぶりから◎にしたいところだが、もうワンパンチほしい。今後の成長次第で十二分にG1を獲れると思う。▲オルフェーヴル。どんなレースをしてくれるか楽しみだ。△筆頭ジェンティルドンナ。3歳牝馬の中では群を抜いており、好勝負必至だろう。ただ、いかんせん人気し過ぎという感じで馬券的な旨味は薄くなってきた。△ジャガーメイル。陣営は昨年の3着より上を目指しているのに、人気は相変わらず低い。3着なら十分にありうると見ている。△エイシンフラッシュ、△ダークシャドウ。この10年間のジャパンカップは外国人ジョッキーが5勝しており、両馬ともに鞍上に期待している。ちなみに日本人ジョッキーでは、武豊2勝、岩田2勝という興味深いデータがある。肝心の馬券だが、◎ルーラーシップの単勝と、◎〇▲の馬連ボックス、3連単◎〇軸2頭マルチで相手は▲△△△△で30点としたい。院長、双子パパ、きしくん、ふみおくん、皆さんの健闘を祈ります!

マイルチャンピオンシップ

エリザベス女王杯・・・レインボーダリアはノーマークだった・・・この秋、2頭までは当たるが3頭目にノーマークが来ることが多い。今回のマイルチャンピオンシップはどうか。マイルチャンピオンシップといえば、前にもブログで書いたが91年に僕が初めて馬券を購入して、たまたま単勝が当たった思い出のレースだ。ダイタクヘリオスの単勝を500円(笑) 確か、1200円ついたはず。今以上に素人だった僕が何の知識もなく、ただ、ダイタクヘリオスが来る夢を見たと当時の競馬をしていた友人に告げると「正夢かもしれへんな。買っといたげよか」と。今なら厚く買うんだけど。さて、今回の予想だが、大混戦でよくわからない。夢でも見られたら思い切って買うんだけど夢もみないので、何とか頭で考えてみた。◎サダムパテック。G1級と言われ続けて負け続けているが、マイル路線に転向して正解だと思う。前走、休み明けの天皇賞でそれなりに健闘していた。G1を獲るならこのレースしかないだろう。鞍上の武豊にとっても久しぶりのG1奪取となるか。 〇グランプリボス。1番人気に支持されている。サクラバクシンオー産駒はスピードで押し切るタイプが多くてマイル戦はやや敬遠したいところだが、同馬はマイルG1を2勝しており他の産駒とは別格かもしれない。ただ、京都の成績が1004と今ひとつなので2番手評価とした。▲レオアクティブ。新種牡馬のアドマイヤムーン産駒で今後への期待も込めて3番手評価。欲をを言えば、マイル以下の路線で行くなら馬格があと10キロは欲しいところだ。△ストロングリターン。春の安田記念の覇者だが、シンボリクリスエス産駒は京都での実績が今ひとつ。ただ、同馬は平均以上ペースの消耗戦にめっぽう強いので、シルポートが引っ張りペースが上がった時には、大いにチャンスが広がるのではないか。以下△ファイナルフォーム、△ガルボ、△リアルインパクト、△エイシンアポロンまで。馬券は、サダムパテックの単勝とサダムパテックから〇▲△△△△△への3連複流し馬券の予定。院長、双子パパ、きしくん、そして最近ブログを読んでくれている高校時代の同級生のふみおくん、皆さんの健闘を祈ります。いずれにしても勝負は来週のジャパンカップです!!

エリザベス女王杯

天皇賞のフェノーメノは惜しかった(泣)今週のエリザベス女王杯はさらに難しいレースだ。かなりの確率でヴィルシーナと思うが、雨模様でもあり、もしかしたら大波乱もあるかもしれない。一応◎ヴィルシーナ 〇フミノイマージン ▲ピクシープリンセス △ホエールキャプチャ △ラシンティラン △スマートシルエット △アカンサス と印を打ったものの馬券の買い方が難しい。 今回は、とりあえず、上記7頭の三連複をボックスで購入してみたい。人気サイドで決まったら、まあ、しょうがない(笑) 院長、オールザットジャスを買わなくてすみません(笑) みなさんのご健闘をお祈りいたします。

天皇賞(秋)

先週の菊花賞は、予想通りゴールドシップがクラシック2冠目を獲得したものの、馬券は1、3着でドボンでした。まあ、あんなもんでしょう。さて、気を取り直していよいよ今日は天皇賞(秋)。昨年は、超ハイペースの流れの中でトーセンジョーダンが日本レコードを叩き出しダークシャドウとの1、2決着となった。今年は雨の影響で若干馬場が渋りそうだがどうなるだろう。シルポートが引っ張り2番手をカレンブラックヒル、アーネストリーが追走となるだろうが、8枠16番を引いてしまったカレンブラックヒルは何とも気の毒だ。◎フェノーメノ。ダービー馬 ディープブリランテが屈腱炎で突然引退した今、実質的に3歳世代のダービー馬といえよう。セントライト記念を順当に勝ち、天皇賞に照準を絞ってきた。古馬との力関係はわからないが、3歳勢の毎日王冠組を物差しにすると、間違いなく通用する。斤量2キロ差と有力馬に休み明けが多いことから本命に推す。〇ダークシャドウ。今回、昨年のような勢いは感じられないが、ダンスインザダーク産駒ということを考えると、ここでタイトルに手が届かなければ、今後はチャンスはないかもしれない。目一杯の勝負をかけてくるだろう。▲ルーラーシップ。休み明けは走るが次走のJCが勝負所か。△カレンブラックヒル。内枠ならもっと上位指名したいところだが、初距離でこの枠では△筆頭止まり。ただ、今まで一度も負けたことがないというのはかなり凄い。もしかしたら、想像以上のポテンシャルを秘めている可能性はある。△ナカヤマナイト。今を時めくステイゴールド産駒で同馬も極めて順調にきている。ただ、人気どおりにしか走らないのであっても3着までか。馬券はフェノーメノの単勝と同馬を中心に3連単を少々。皆さんの健闘を祈ります!

第73回 菊花賞

宝塚記念以来のブログ更新です。すでにG1シーズンに突入しているのに、忙しくてなかなか参加できずにいましたが、遅ればせながら今回から参加します! さて、今年の菊花賞はダービー馬ディープブリランテの回避によって、完全なゴールドシップの一本かぶり。菊花賞の前売りで単勝オッズ1.5倍とは05年ディープインパクト、11年オルフェーヴルくらいで、3冠がかかったようなケースでしかお目にかかれないオッズだ。◎ゴールドシップ。当初の予定通りでこれしかないだろうという感じ。〇ユウキソルジャー。ダンスインザダークの全トーセンダンスの血に期待している。▲ロードアクレイム。休み明けとなった神戸新聞杯では後方待機ながら最後はかなり追い上げて2着。状態はさらに上向いている。△フェデラホール、△タガノビッグバン。3連勝中の2頭は侮れないだろう。最後に△ビービージャパン。05年の菊花賞ではディープインパクトからビービージャパンの父・アドマイヤジャパンを軸に3連単を獲らせてもらった。前々でスローになればもしかしたらもしかするかも。馬券は、ゴールドシップのオッズが低すぎるので、上記6頭を3連複ボックスで買ってみたい。院長、双子パパ、きしくんの健闘を祈ります!

宝塚記念

いよいよ前半戦最後の宝塚記念だ。現在、NHKマイルから5連敗中(泣)。ここは何とか頑張りたい。◎トゥザグローリー。宝塚記念は、昨年のアーネストリーのようにここで初めてG1馬ということが多い。善戦するもなかなか勝ちきれないトゥザグローリーだが、ここに照準を合わせたローテーションからも今回は思い切って本命としたい。〇ルーラーシップ。今、最も強いと思われる同馬だが、海外遠征後の初戦ということが唯一の不安材料。▲ショウナンマイティ。展開が嵌れば逆転は充分。△ウィンバリアシオン。勝ち味に遅いが、安定度メンバー屈指。△エイシンフラッシュ。△ヒットザターゲット。調教はともかく、レースにいって結果の出ていないオルフェーブル、アーネストリーは思い切って消しとした。走られたらしょうがない(笑) 院長、双子パパ、きしくんの健闘を心から祈ります!!

安田記念

今年の安田記念は大混戦だ。昨年のレースでは、3番人気のスマイルジャック(3着)を本命に推しながら、3連単を逃すという悔しい思いをした。そのスマイルジャックが前日で18番人気とは!・・・さらに付け加えるなら、昨年の1着馬であるリアルインパクトでさえ11番人気くらいか・・・そんな難解なレースで「この一頭」を指名するのは非常に難しい・・・が、ブログの主旨を尊重し、無理やりでも使命したい(笑) ◎シルポート。前回のマイラーズカップで単勝・複勝を獲らせてもらったから・・・ばかりではない。東京のマイルを逃げ切るのは確かに難しいが、今の勢いと今回の相手であれば、何とかなるかもしれない。〇サダムパテック。一応、一番人気。▲ストロングリターン。骨折放牧明け2戦目で変わり身に期待している。△ガルボ。△マルセリーナ。△スマイルジャック。馬券は、とりあえずシルポートの単勝・複勝。あとはもう少し検討したい。院長、双子パパ、きしくんの健闘を祈ります!

次のページ →